FC2ブログ

external storage unit

僕と貴方の憩いの場。趣味と環境と。

進路進路進路


先日1月8日、ボスに来年のポスドク先を探す旨を伝えました。つまり科研費の採択結果(4月上旬、これほんとふざけてますよね。マジで文科省大嫌いです)を待たずに、ラボを出るということです。相変わらずトボけた返事をしやがりましたが、もう僕の中では終わった人なのでいいです。

結局、僕がD1から5年かけて育てたテーマはゴミクソ助教授に取られそうですね。しね。
けど多分、論文にはならないと思います。助教がザコ過ぎて論文を書けないから。いずれ僕の元に戻ってくるでしょう。捨てるわけじゃないから、失ってしまっただけだから。なのでラボを出るときは極力穏便に済ませられるよう頑張ります。ただ、お前らには地獄に落ちて欲しいと思っている。本当だよ。ある程度のフィルターがあったとは言え、委員会の意見を捻じ曲げてまでカスを選んだ老害、その幸運をさも当然のように享受し、自身の義務は一切果たさなかったゴミ野郎。僕自身は手を出さない。お前らは必ず報いを受けるから。お前らが墜ちていくのをただただ淡々と見届けたいと思う。それくらいのご褒美はあってもいいいでしょ?


さてさて進路なんですが、ここ最近まではどうしても今のテーマを続けたかった。だって論文として出せるネタは本当に沢山あって、これをみすみす逃すのが本当に耐えられないと思ったから。自分が一から立ち上げて、土日もなく、昼も夜もなく、バイトしながら五年も時間を使ったんですよ。はいサヨナラは、、、無理ですよ。。。それとラボを主催するなら、その研究の独自性/先進性が問われるわけです。そういったものをまたゼロから、10年ほどで積み上げていかないといけない。キツイなぁと。

ただ、自分はポスドクです。ポスドクの期間というのは一般的に修行期間であり、他ラボ、他分野、他研究者と交流して裾野を広げる時間なわけです。翻って自分は、学部4回生、大学院、ポスドクの計8年同じラボにいるわけです(小学校より長い)。やっぱり出る時期なんでしょうね。人間万事塞翁が馬。行く先で(行ければ)、また頑張ります。


一時の最悪なメンタルから少しは前向きになれたかもしれない。


ちなみにるろ剣とカサビアンは本当に大好きです

ダニーになりたい(1)

限りなく寄せたい

AD_6_1.jpg

AD_5_1.jpg

AD_2.jpg

MUKSF23.jpg


AD_1.jpg

AD_8.jpg




今年の4月7日にシカさんが主催される装備会、RAIJIN DRUMS 2019 が開催されます。今ところ4月以降の食い扶持を信じ、参加予定です。ツイプラはこちら 2010年以降ということでいくつか選択肢が挙げられ、最近の"A2"の装備なんかは結局めっちゃカッコいいので是非チャレンジしたかったのですが、流石にど最新を3ヶ月でまとめるのは無理。(A2といいAVSといいvisioといい...ほんま...)
ひとまずは写真の年代(SOHPC、RICAS、CPC)をベースにしつつ、行けそうなら国内2016以降という感じで。
自分は前回の記事にもあるようにCPC直前をやりたいと。


ダニー準備

集めるかーと現状確認したんですが、ほぼゼロベースということが判明しました。年末にG3のシャツやパンツ買ってた自分を殴りたいですね。ちなみに昨日はコンパンコンシャツをラスト5秒でまくられました。専念しろとの事だと思い、気持ち新たにやっていきます。











使用例一人

MUKSF31.jpg
Warrior Assault SystemsのRICASを着たダニー氏。


2018年はTFB強化年と言うことで、割と良い感じに詰めれたと思います。もちろんまだまだ細部が残ってるんですが、これはもうメインでと言うより、監視を継続しながら地道にといったところ。
と言うわけでそろそろ2003年から、メインの時代を上げていきたいと思います。SOHPCのSFSGもやりたいんですが、まずはトップ画の彼に集中しようと。ちょうど昨年の冬コミでヨシノスキーさんUKSF本を出されました。今まで英特でこう言う試みって無かったですし、これからも継続して出されるようなので皆様是非お手に取られて見てはと思います。なのでそちらとは極力被らないように、簡単に言うと装備変遷をまとめるということです。ぶっちゃけ、僕自身が先達や周囲の仲間に甘えちゃってこういう基本的な作業を疎かにしていたので、一度ちゃんと調べて見ようというのが一番の理由です。


彼ですが、ネット上に現役の頃の写真を沢山上げてますし、某サイトではご本人自ら軍歴なども大雑把ながら上げています。が、むやみに晒す必要もないので詳細は割愛。ただダニーとそう呼びます(おい)。ロイヤリマリーン(97年)から軍歴をスタートし、パラシュートレジメントを経て2007年から退役する2012年までSASに所属していたようです。SASではK9、スカウトを経てアサルターという流れ。ちなみにパラ時代は偵察とかメディック、さらにはジャングルスペシャリストだそうです!(強い)


[銃器の比較]
ダニー銃器比較1

まずは数ある写真から銃器を比較します。全てWASのRICASを着用していますが、随分装備の雰囲気が異なります。一応左から右へ年代順のはずなんですが、一つずつ見ていきます。左端はお馴染みのL119A1にTA01、ウイングマウントとサイトまで乗ってますね。明らかに2003年以降のセットアップです。真ん中二つはLWRC M6A2で光学がT1+マグニ。真ん中二つはほぼ同年代でしょう。右端はまたL119A1でcomp-m4とマグニ。この二つは官給です。ストックもCTRになってますね。
2add44f115a1f074e5b14fca22dcc5e2.jpg
こちら(右端)ではアーマーがCPCに変わっており、マガジンの携行本数や配置もガラッと変化。SAS晩年ではアサルターを勤めていたということで、おそらく2012年頃まででしょう。光学を見るとcomp-m4とマグニなので、先ほどのRICASの頃の写真も右端が終盤かと思います。

[ギア1]
ダニー頭1
先に習えば「TA01の時代」です。コミュニケーターはSelexのオープンタイプのヘッドセットとside PTT。PTTはRICAS時代は不変ですが、SelexのヘッドセットはTA01のころだけです。左上の写真はインスタからなんで顔が出ちゃってるので切ってますが、Selexのヘッドセットは確認できました。ヘッドギアはVasシュラウドにAKA2でPVS15を使ってます。ただこのシェルが分からないです。これは別記事で。服はCRYE。ACかマテカスかは分かりません。コンシャツをいじるクセ(両袖のカットおよび左袖のベルクロベース)はこの頃からみたいです。RICASのセットアップは比較的シンプルですが、ベルトキットつけてるんですよね。「T1」からはベルトキットの露出が減るので、この辺りは作戦内容の違いということでしょうか。胸のアドミン?はまだ緑色ですね。



[ギア2]
ダニー2_2
「LWRCの時代」と言ってもどれくらいの期間かは分かりませんし、なんならcompM4の時代とそう離れてないのではとも思います。このあたりの写真ではヘッドギアが写っているのがとても少ないです。コミュニケーターはアダプターを介してcomtacIIIを使い始めています。RICASの両脇にはMBITRとマガジンポーチ、さらにグローインも追加されています。上着はおそらくCRYEのフィールドでしょうか。右端はLWRCを使いつつメットも被っている数少ないもの。アームがL4G24に変わっています。


[ギア3]
ダニー3
フロント上部と下部にアドミンを、左脇にはホリゾンタルにARポーチ(シングルx2?ダブル?)を追加しています。アドミンはタンカラーに塗られています。少し気になったのが、左3枚はよくみるミリフォトっぽいんですが、右端はなんだかプロモっぽいなと。TA01の頃は夜の写真でもK9と一緒なんですが、このあたりの写真にはK9が写り込んでないんですよね。もちろん右端の写真だったり、他にこの装備でK9Hとしての訓練中のような写真はあるんですが、どうもこの辺りはアサルターとしてのお仕事が始まったくらいではと思っています。



というわけで、ダニー w/ RICASに絞って比較してみました。アイテム的にはそれほど厳しくないですし、アドミンやホリゾンタルはもう作っちゃえよと思います。そもそもこんな装備誰がやるんだと(一応集めています)いうことで、まあこれくらいの比較なら他の方のご迷惑にはならんかなとやって見ました。ヘルメット問題がまだ残っていますのでまた今度。

SAS RICAS L119A1

2019年1月の抱負

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。


これを書き始めたのは大晦日の22時。
前日の痛飲、二日酔いからの迎え天丼、阿倍野年末商戦(惨敗)を経て夕方にはグロッキーとなり晩御飯の鴨鍋を食べれず休み、なんとか年越しそばを食べ、スマホでアマプラを見てたあたり。ふと来年のことを色々考えてると、2018年の最後の二時間をダラダラと浪費するのも如何なものかと思い、ポテチを開け、PCを立ち上げる。もう少し大晦日的なことをしてから寝よう。


というわけで、みなさん年末はどのように過ごされましたか?



[12月30日]
前日に帰省し、午前中は正月の買い物に阿倍野近鉄(アベキン)へ。地下2階の生鮮食品売り場は我が家の正月に欠かせない、年末最重要スポットです。主にお節料理の買い出し(うちは単品で購入し姉が詰めます)なんですが、あらかじめ注文をしておき、30日には取りに行くスタイル。姉がお節の回収、僕が他の食材担当で分担。このあたりは仕事柄がよく出る姉の段取りのおかげで、結局滞在は30分くらいで終わります。まあそれでもあの混み具合は年一回とはいえツライです。購入した品を一度家に運び、約束までまだ時間があったのでお昼を食べに早めの出発。まずは久しぶりの心斎橋で、これまた数年ぶりのグリル・バラの木へ。店内の雰囲気も大変良いのですが、ご飯も本当にどれを食べても美味しいので、心斎橋でのランチには激推しです。今回は遅めの時間でしたので季節物は売り切れ、定番のハンバーグと鯛のクリームコロッケを頂きました。最高。
店を出た後は周辺で靴探し。普段履きのブーツがどれもボロボロで流石にこれで新年を迎えたくないので、NEW BALANCEかAdidasで良さげなブーツ/スニーカーがあればと探したのですがどれもピンとこず。両店舗回ったところで時間切れとなり移動。

年末のこの時期は大学の同期と集まります。所用を済ませて合流し、お初天神の居酒屋へ。これでもかという忘年会客とキャッチの兄ちゃんを掻き分けて進むのもなんだか懐かしいけれど、今後の人生では出来るだけ避けたい作業です。概ね30歳周辺の同期ということもあり、皆それぞれ転換期を迎えているよう。
(1)ちょっと衝撃的だったのが、自分と同じくポスドクとしてH大にいた奴が、春からW大で技術員の職に就くとの事。アカデミアではなく大学職員。もともとwetなラボでは無いし、今後は実験装置の必要ない理論屋として研究を、大学職員の傍で続けるそうです。パーマネント(定年まで雇用が約束されている)な職、諸々の補助も当然ですが、アカデミアにほぼ見切りをつけた事が意外でした。聞けば、やはり実力主義と見せかけたコネクション主義の現状に嫌気がさしたんだとか。気持ちは痛いほどわかるので、もう何も言えないですよね。
(2)もう一人K大でポスドクをやってる同期もいまして、彼は来春から弊大学に助教授として戻ってくると。分野は違えど、これくらいの年齢で助教授になるのは、今のキャリアパス的に一つの王道ですんで是非頑張って欲しいです。
二人ともコツコツと業績を積み上げてきたわけですが、こうしてアカデミアとそれ以外に別れるのをみると、やはり人生はままならないし、俺はどうなるんだろうと、思っちゃいますよね〜。
(3)大学卒業後すぐに教員として働き始めた彼は、なんとマンションを購入したとのこと。夫婦共働きですが、確かに年齢的にはいい頃合いですよね。仮に自分が大学卒業即就職したなら、と思わないわけでも無いですが、まあそんなこと考えるだけ無駄と割り切れるくらいには精神的な成長(防御機能)を獲得してきたというのは、数少ないアカデミアの利点でしょうか。。。利点?
(4)(5)転職、転職。
1軒目で外飲みを切り上げ、奥さんが帰省しているのをいいことに彼のマンションへ移動。(クオリティーと価格に驚き本当に良い買い物だと思いました) 朝方までスマブラとマリオパーティーで騒ぎ、各種ゲームの最下位が飲酒という大学生のような飲み方で見事痛飲二日酔いと相成りました。


[12月31日]
友人宅で起床。奥さんの実家に行くとのことで昼前にお暇。残ったメンツで大阪で朝食/昼食を頂くことに。
阪急地下のフードコートに行ったんですが、今あんな感じになってるんですね〜。予備校時代ならここでコーヒー飲みながら勉強してただろうなぁ。コーヒーとパンかなと思って見回したんですが、美味しそうな天丼があったので購入。このボリュームで1000円はコスパいいと思います。美味しいし。ただ二日酔いの残る体に1食目の天丼は重すぎたようでした。
既婚一人、彼女持ち一人、独身一人(筆者)という構成で、結婚生活の愚痴を聞いたり、転職活動、アカデミアでの今後(僕の進路)とかをダラダラ喋る。彼らの仕事観や生活観、僕自身のことについても色々ご意見を賜りました。正直に言うと「いや、お前ら何甘えたこと言ってんの。俺がどれだけ苦労しながら研究続けてるか、どれだけのデータを出し且つそれを論文としてまとめれない自分の力の無さに辟易してるかわって言ってんの?」とか思いました。が、もちろん口にはしないし、内なるモンブランが「お前それはまずいって〜。その思考はまずいって〜。終わりの始まりだって〜」と制してくれましたのでとりあえずzipにして保管。今こっそり解凍してます。

解散後、実家より「ウニとりくろーのチーズケーキ買ってきて」とのことで再びアベキンへ。また行くのか本当に沈んだので”俺はスパルタン、ノーブルチームのルーキー。Remember REACH"とか時系列を無視した妄想をしながらもう一度突破口へ。結局ウニは買えず、りくろーの店が移転したことを知らず改札を入り直すハメになったり、Q’モールで靴を探すもやっぱり無かったり(ビルケンシュトックの店員の対応が最低でした二度と行かない)で惨敗でした。この後帰ってサウナに行ったところで体調が悪化し、大晦日の楽しみだった鴨鍋にありつけず、なんとか体調を戻し年越し蕎麦を食べいまに至ります。



はい、こんな年末でした! 




ではもちろん終われませんよね。



”正直に言うと「いや、お前ら何甘えたこと言ってんの。俺がどれだけ苦労しながら研究続けてるか、どれだけのデータを出し且つそれを論文としてまとめれない自分の力の無さに辟易してるかわって言ってんの?」とか思いました。”

これなんだよなぁ。
結構偉そうに言われたのでその場で処置しても良かったんですが、まあ結局のところ研究実績と語学力があれば海外で、いまみたいなまさにピペド(ピペット奴隷)みたいな待遇でない、もっとちゃんとしたところで研究ができる訳ですよ。もちろん採用のタイミングは運が多分に絡むんですが、いまみたいに窮屈な状況ではないでしょう。実力がないので、業績がないので、いまは何を言っても負け犬の遠吠えでしかない。悔しいなぁ。もちろん環境云々も言い訳できるんですが、それよりも何よりも自分の実力の無さが悔しい。きっと今が頑張りどきというか、殻を破り、レベルアップすべきタイミングなんでしょうね。結局これを越えない限り、求める未来は来ないだろうなぁ。というわけでこの一月、ある程度の覚悟を持って論文執筆に励みたいと思います。


しかし、新年一発目のポストがこれなんで、今年一年の精神状態が穏やかになるはずがないでしょうね。
とは言っても、そうしたことを引っくるめて可能な限り記録しておき、万が一にも誰か様の参考になるのではと余計なことを考えるのがこのブログの唯一のセールスポイントだと思っています。昨年はこの辺りちょっと弱いな、更新が少ないなと反省しておりますので、もう少しこの場で毒を吐いて行きます。


論文書く

社会人百合にハマった↑↑↑↑↑

[なぜ今社会人百合にハマったのか]

始まりはアマプラで見たcitrus。
ポスドク生活に限界を感じ始めた筆者は、なんでもいいからエッチぃのをという下心で視聴を開始したのです。
まあ結果エッチなJK百合だった訳ですが、それまで百合は手付かずだったんで、「なるほどこういうのもあるのか」という""気付き""を得ました。そして視聴後は普通にロスってツイッターでcitrus百合画を検索する訳です。すると中に、"大人柚メイ"があったんですね。「おいおい大人になってからの方が100億万倍いいじゃねえか。社会人百合最高じゃね?」と、""気付き""の後には""新しい扉""が現れたのです。。そして思い出しましたね、PIXIVの存在を。そう、扉は開かれたのです。


割と有名どころの絵師さんを周り、コミカライズもいくつか購入して見ました。分かったことは「社会人百合はかなり良い。いや最高に近い。」です。もちろんJD、JKやそれ以下、または年の差百合もあるんですが、俄然モンブランは両社会人を推します。そしてエロは極力ないほうが良いです。チューするくらいの描写で十分です。それ以上はノイズになる可能性が(←書いてて本当にキモいのは自覚しています)。
で結局お前は何に惹かれるのか。これは後から紹介する推しサークルの名フレーズなんですが
""若気の至りと言い訳できない崖っぷち大人百合を全力で応援。""
これです。これなんです。
もうね、男だろうが女だろうが好きになってしまえば仕方ないんですよ(お前が言うのか)。
認知が進んだとは言えまだまだ社会的な受け皿が足りない同性愛ですが、好きなものはしょうがいなじゃんと。
そして若い頃、とりわけ学生なら"若気の至り"として流してしまうこともあるかもしれない。
けど大人百合じゃそうは問屋が卸さない。精神的に出来上がってる中での社会的少数派故の葛藤と自分の思いとのせめぎ合いが、響くんですよ(←←←)。
それと「子供」の要素が皆無なのが良いです。異性パートナーなら子供をどうするかって選択肢が絶対あるじゃないですか。そして仮に出来た育てるとして、やっぱりその描写って子供中心に回って、もちろんそこからお互いを理解云々なるんでしょうけど、もう我々のような人種にそういうモノ見せられてもどうしようもないと言うか。ただただお互いを必要とする関係で良いじゃんと。ダメなら別れちゃえば良いじゃんと。そういうドライな感じが見てて読んでて大変心地いいです。


つまり自分は心の奥ではそういった、互いを必要と出来る、助け合える、求め合えるような関係を望んでいるのではと思います。これには自分で気づいて愕然としましたね。お前まだそんなこと思ってたのかと。いやむしろ、ポスドクという生活に疲れ、限界を感じ始めた今だからこそ、むき出しの感情に気づいたと言うべきでしょうか。そういえば初めてビールを美味いと感じたのも、肉体労働でヘトヘトになった夜にたまたま飲んだ一杯だったなぁ。
ただ、他人と暮らす生活を少し想像して見ても全く受け付けなかったので、そう言う関係に誰かとなると言うのはまだまだ先みたいです。逆に男性同士はダメでした。受け付けませんでした。リアル過ぎるんですよね。そういう対象として男性は見れませんでした。全然ストレート。つまり女性同士の百合が刺さったのは、"女性になることは無い"(テクニカルには可能)から。あくまでおとぎ話として社会人百合を楽しんでいると言うことのようです。



[オススメを二つだけご紹介する]
百合は広大です。私もまだその大地に足を踏み入れたばかりです。そんな中ですが、2点だけ、おすすめさせて下さい。
(1)「2DK、Gペン、目覚まし時計」
はいきました。つい先日コミックス最終巻(8)が発売され、今まさに旬な社会人百合。
これは間違いなくおすすめ出来ます。"出来るOL"と"漫画家の卵"の同居生活が同棲生活になるまでのお話です。
何と言っても分かりやすい。社会人百合に必要なほぼ全ての要素が詰まっています。まずはここから。社会人百合のGhost in the Shellとされるかもしれない作品です。
(2)無責任会社サタデー
これは先の""若気の至りと言い訳できない崖っぷち大人百合を全力で応援。""をモットーにとされる、
文章担当:星羅になさん
漫画担当:綺月るりさん
そして広報さん?からなる大人百合サークルさんです。主力コンテンツはSaturdayシリーズ。
文章漫画共にサンプルが豊富に用意されており、まずは読まれることをおすすめします。曰く、"クソビッチ百合ゲーを作りたい"と言うだけあり、非常に節操がありません。ただR18描写は無いので非常に読みやすい。登場人物はみんな高スペック高身長美人で、性格がキツい。そんな登場人物の織りなす大人百合、非常に潔く刺さります。また漫画から入った自分ですが、その後小説(既刊1~8、冬コミで新刊が出る)を読みまして、これがまた非常に良いんですね。尊死... 小説を読まれれば漫画もなお一層楽しめますよ!!!!


Saturday読んで気付いたんですが、自分、高スペック性格破綻美人がかなり刺さるみたいですね。そして過去に経験したそういった要素を見てみると、いましたね。これ草薙素子(S.A.C.)じゃんと(お前またそこに戻るのか)。あいつも大概性格破綻してますよね。エスパー級の才能と容赦ない実力があるから認められてますけど、完全にサイコでしょ。そういえば原作者の士郎正宗も"百合こそ至高"とかいってガンガン描いてたなぁと思い、なんだ結局攻殻の延長か?と自分のバックグラウンドにほとほと呆れました。好きだからいいんだけども...


いかがでしたでしょうか?(←書いてみたかった)
皆さんも素晴らしい大人百合に出会えるといいですね!

最後に一曲だけ、小学5年の時に初めて聞いたLGBTソングを。当時は変な歌詞だな〜程度でしたが、社会的には当時結構異端だったみたいですね。単純にかっこいいので今でも聞いています。収録されている"The Velvet Rope"というアルバムは"特別"と言うコンセプトの元作られており、97年でこれをブチ込めるセンスは流石と言うことでしょうか。





グッバイ!



社会人 百合